ナラベルサービスβ版 開発ブログ

ナラベルサービスに関する情報発信

雑感

AIと仕事

AIブームがやって来ているのだろうか。あちらこちらでAIを活用した製品やサービスがあふれている。AIとは,本質的には何を指しているのだろう。先日,新しいエアコンを購入したのだが,販売員の方がAI機能が備わっていることをアピールしているのが不思議で…

ウォーターフォールとアジャイルと働き方改革

すでに開発SEとしてはかなり前に引退しているが,時々昔のことを思い出すことがある。私は小規模システムの開発・運用担当者であったので,現役時代には,ウォーターフォールとかアジャイルとかなど気にしたことはなかった。現場のニーズに合わせてシステム…

2018年始動

2018年が始まった。この記録を残し始めてから2年が経過した。当初の予定では,2017年中にはサービスインであったが,まだ開発中である。これは本業が多忙であることが最大の理由であるが,新たな年を迎え,自分のモチベーションが低下していないことを確認で…

悪癖と反省と改善

例年恒例の春先のバタバタ中でも,小刻みにソースを書いていた。進捗はわずかであるが,開発を継続できているのでよしとしている。PGに費やせる時間はごくわずかなので,おのずとソースを眺めて,一行も書かずに,これまでのステップを復習することだけで…

2017年始動

すでに1月も半ばであるが,ようやく開発を再開できた。本業につられて開発がたびたび遅延するのは,いたしかたない。ブランクが長くて,頭の中に残しておいた工程やアイデアが消えてしまったので,もう一度やり直しである。 何事もない新たな1年の始まりであ…

年末

この記事を読んで、考えるところがあった。 qiita.com 20数年前、この業界に入っての最初の関門がEmacsのコンパイルであった。 当時使っていたメイン開発サーバは、Solaris1.X系だったが、Xのコンパイルで 数時間、Emacsのコンパイルでも数時間必要だった。m…

サービスと技術,フロントとサーバ

引退したとはいっても,やはり新しい技術は気になるし,試してみたい。現役の始まりは,汎用機だったが,すぐにクラサバがやってきて,気が付いてみればサーバ系の開発SEになっていた。最初はperl,そのあとにいろいろ試して,現役最後はstrutsがメインだっ…

書誌検索について

もうすでに,現役を離れて久しい。あくまでもこれは今回のシステムからの 視点であって,図書館システムがあるべき姿を見据えている訳ではない。 書誌検索の最大のポイントは,いかにノイズを少なく的確に利用者が イメージした資料ニーズを充足できるかにあ…