リブショカ(図書館書架)β版

リブショカ(図書館書架)に関する情報発信

grails3.2 を使う(2)

既存のGrails2.X系のAppを3.Xに移行するために試行錯誤している。

 

3 Upgrading from Grails 2.x 3.0.0 参考ははやりオリジナルの移行ガイド

ファイルレベルで統廃合があり,なかなか難しそう。

 

www.slideshare.netこれも参考。最初の一歩としては十分

まずは,config関係の作り直しからスタート

 

grails-app/conf/BuildConfig.groovy build.gradle Build time configuration is now defined in a Gradle build file
grails-app/conf/Config.groovy grails-app/conf/application.groovy Renamed for consistency with Spring Boot
grails-app/conf/UrlMappings.groovy grails-app/controllers/UrlMappings.groovy Moved since grails-app/conf is not a source directory anymore
grails-app/conf/BootStrap.groovy grails-app/init/BootStrap.groovy Moved since grails-app/conf is not a source directory anymore
scripts src/main/scripts Moved for consistency with Gradle
src/groovy src/main/groovy Moved for consistency with Gradle
src/java src/main/groovy Moved for consistency with Gradle
test/unit src/test/groovy Moved for consistency with Gradle
test/integration src/integration-test/groovy Moved for consistency with Gradle
web-app src/main/webapp Moved for consistency with Gradle
*GrailsPlugin.groovy src/main/groovy The plugin descriptor moved to a source directory

 ってことらしいが,2.x系で使っていた設定系は,Config.groovyとBootStrap.groovyのみ。property系は,application.ymlに入った。ここで各種設定して,applicationGrailsクラスを使って参照すればOKとなる。BootStrap部分でもコントローラーでも同じ手法で

OK.

 

ログ関係は,全く別ファイルになって,logbackへと変更。

設定自体は,大きな変更はなし。

思ったより,容易に移行できた。.groovy系の設定ファイルは,ymlに移行すれば

ほぼOK.これからは,独自のymlファイルの取り扱いについてテストしてみる。

 

環境整備はできたので,今後は仕様検討に入る予定。特に日本語全文検索系の

処理をどうするか。

 

 

MariaDB&MySQL全機能バイブル

MariaDB&MySQL全機能バイブル

 

 

 

[改訂新版] Apache Solr入門 ~オープンソース全文検索エンジン (Software Design plus)

[改訂新版] Apache Solr入門 ~オープンソース全文検索エンジン (Software Design plus)