読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リブショカ(図書館書架)β版

リブショカ(図書館書架)に関する情報発信

サーバ構築

システム開発

開発を本格化するためにも,クラウドサーバを契約して環境構築を

開始した。検討した結果,結局IDCFクラウドに決定した。

 

www.idcf.jp

スペックは省略。スモールスタートとしては十分なレベル。

コンソールの使い方が今一つ。このあたりはGMOクラウドの方が

よいと思う。

 

また,グローバルIPとファイヤーウォールの取り扱いについては,GMOとは

かなり違う。IDCFの方がしっかりしている。セキュリティとしてもこちらが

よい。sshのデフォルト設定もIDCFクラウドの方が手堅い。

 

OSはubuntu14.04.いろいろとインストール。特に問題なく進む。

mariaDBコンパイルはかなりの時間が必要だった。

また,mariaDBコンパイルでは,メモリ不足でストップすること

数回。原因が分からずちょっと手間取ったが,最終的にはswapを作成して

回避OK.デフォルトではswap設定が無いようなので,注意が必要。

 

Oracle java7 install
sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
sudo apt-get update
sudo apt-get install oracle-java7-installer

openjdk-7
sudo apt-get install opnejdk-7-jdk

fandamental
% sudo apt-get update
% sudo apt-get upgrade
% sudo apt-get install build-essential automake ssh git
% sudo apt-get install zlib1g-dev libssl-dev libreadline6-dev libyaml-dev libxml2-dev libxslt-dev
% sudo apt-get install libsqlite3-dev libcurl4-openssl-dev
% sudo apt-get install apache2 openssh-server apache2-prefork-dev libapr1-dev libaprutil1-dev
% sudo apt-get install cmake libncurses-dev
% sudo apt-get install bison

mecab & etc
sudo apt-get istalll mecab mecab-ipadic-utf8 mecab-jumandic-utf8

groonga
% sudo apt-get -y install software-properties-common
% sudo add-apt-repository -y universe
% sudo add-apt-repository -y ppa:groonga/ppa
% sudo apt-get update
% sudo apt-get -y install groonga
% sudo apt-get -y install libgroonga-dev

tokenizer-mecab
sudo apt-get -y install groonga-tokenizer-mecab

nomrizer
sudo apt-get -y install groonga-normalizer-mysql

mariadb
get source mariaDB &

cmake . \
   -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local/mysql \
   -DDEFAULT_CHARSET=utf8 \
   -DDEFAULT_COLLATION=utf8_general_ci \
   -DENABLED_LOCAL_INFILE=true \
   -DWITH_INNOBASE_STORAGE_ENGINE=1 \
   -DWITH_EXTRA_CHARSETS=all \
   -DWITH_READLINE=ON

make -> if memory is not enought, error happen during compiling, solove this problem, add more swap area!
make install

mroonga
get source
 ./configure PKG_CONFIG_PATH=/usr/lib/x86_64-linux-gnu/pkgconfig --with-mysql-source=/home/deikun/src/mariadb/mariadb-10.1.8/ --with-mysql-config=/usr/local/mysql/bin/mysql_config
make
make install

mysql -u root -p < /usr/local/share/mroonag/install.sql

あと,devfs2をapt-getして,webDavを使えるようにした。

Box.netはwebDavに対応しているので,サーバ側からマウントして,

バックアップ領域として使っている。またクライアントからの

データの引き渡しなど,使い勝手がよい。googleDriveも使っているが,

サーバ運用であれば,Box.net一択だ。

ただし,IDCFクラウドは通信が無制限ではない,月額上限が設定されている。

不用意に大きなファイルをやり取りするには,注意が必要だ

 

www.box.com

これまでのgitサーバをこちらの新サーバに移して,環境構築は概ね

終了。

 

早速, sdkを使ってgrailsをインストールした。Applicationのコンパイル

やはりちょっともたつく。ユーザー利用には特に問題ないだろう。

リソースが厳しくなったら,オートスケールで対応。

 

そもそも,このサーバはDBサーバとなる予定で,フロントサイドにはもう少し

スペックのあるAPサーバを構築予定。全文検索mariaDB+mroongaで行うが,

データ量も多くないので,このレベルのサーバでも問題ないだろう。

これでサーバの準備は必要。

 

次回からは,DB作成へ。