ナラベルサービスβ版 開発ブログ

ナラベルサービスに関する情報発信

ナラベル プレ告知開始

 長々と開発しいるが,ようやく画面ができてきた。管理画面だけだが,多くの機能を再利用可能な状態で実装しているので,公開部分の作成は比較的容易になっている。一番の課題は,全文検索機能だと思われる。おおよそのテストはしているが,DBのパフォーマンスがやや気がかりだ。

 ナラベルは,本を中心としたリスティングサイトである。いろいろな図書館が工夫をこらして図書館内につくっている展示コーナーが,一定期間過ぎてしまうと消えてしまうことが惜しくて,このシステムを作ろうと考えた。また,インターネットに公開されないので,展示を見るためには図書館に行かなければならない。これも不便。このあたりを簡単に解決できるソリューションとしての提案になる。

f:id:root-libshelf:20181011101120p:plain

こんな感じで,展示トピックごとにカード型UIで表現できる。画像は展示イメージでもOKだし,展示した本の書影でも可能。

f:id:root-libshelf:20181011101221p:plain

各展示は,このように表示される。上段が展示棚のイメージ,下段は展示されている書籍情報

 

f:id:root-libshelf:20181011101326p:plain

最下段には,展示されている本がリスティングされている。

これは管理画面の構成だが,ほぼ同じ構成で公開ページも作る予定。公開ページと管理ページの構成が異なっていると,公開時のイメージがつかみにくいと思うので,なるべく同じUIとレイアウトで構成できるように開発している。

 

Bootstrap4を使っているので,ある程度のスマホ対応もできている。当然,開発段階からスマホレイアウトも検証している。

 

これからも,すこしつづ機能については告知していきたい。

リリースは2019年3月の予定である。