ナラベルサービスβ版 開発ブログ

ナラベルサービスに関する情報発信

本番用公開サーバ選定

そろそろ本番用のサーバ環境を選定する必要に迫られてきた。開発用のテストサーバはIDCFで構築しているのだが,データ転送が従量制であること,コストパフォーマンスがよくないことから,本番は別のサービスを選択しようと思っている。IDCFの拡張性の高さや多様なサービスは魅力的なのだが,アクセス数が想定できない段階では,極力コスト的なリスクは取りたくない。そこでクラウドサーバではなく,VPSで構築することにした。拡張性やサービスは今一つだが,SSDが使えたり,vCPUやメモリはコストパフォーマンスが高い。最初はミニマムでリリースする方針をとった。

 

 選定対象としては,CONOHAやカゴヤ,さくらなどを検討したが,最終的には,カゴヤに決定した。決め手はコストと拡張性。カゴヤではOpenStackでKVMを使うタイプが提供されているのだが,急なアクセス増にも対応できそうな柔軟性があると思われる。ディスクもSSDSSDの容量はやや少なめだが,全文検索用のインデックスも最初はそれほど大きなサイズにはならないと思う。逆説的には,利用が増えてSSDが枯渇するほどになってほしいものである。

 

 

 

ConoHaカード 5,000円 【VPS用プリペイドカード】

ConoHaカード 5,000円 【VPS用プリペイドカード】

 

 Conohaもサービスとしては良いのだが,コストでやや不利だった。GMOクラウドを長らくメインとして使っていたので,今回もできればConohaを選定したかった。

 

これから,本番用サーバ構築へと入るのだが,監視をどうするかがまだ未定だ。IDCFだとMakarelが使えたので,ある程度想定できたのであるが,どうしようか検討しなければならない。

SSLはLet'sを使う予定。このあたりは,最近ドキュメントが整備され始めたので,敷居が下がった。ただし,Jettyについては相変わらず情報が少ない。設定周りが不安ではあるが,とりあえず,準備を進めていきたい。