ナラベルサービスβ版 開発ブログ

ナラベルサービスに関する情報発信

一括登録機能とCSVダウンロード機能

書誌データの登録では,個別に登録することも可能であるが,一括登録機能も実装している。

最低限,ISBNさえCSV形式にしてアップロードすれば,書誌を登録することができる。ISBN以外には,登録番号や請求記号,タグ&コメントを付けて一括登録できる。やり方は非常に簡単だ。

まず,登録用のCSVファイルを作成する。項目は最低限ISBNが先頭にあればOKである。

作成したCSVファイルを登録したいナラベル(展示データ)へアップロードする。ファイルサイズの上限は10Kである。

f:id:root-libshelf:20181022145656p:plain 1)アイコンをクリックするとファイル指定へ

 

f:id:root-libshelf:20181022145744p:plain

文字コードSJISのみ対応。CSVExcel形式での作成推奨。ファイルを指定したらアイコンをクリック。CSVファイルをサーバ側で処理して,登録形式に変更します。

 

f:id:root-libshelf:20181022150055p:plain

CSV解析が終了すると,上記のような画面が示されます。CSVの内容が適切に解析されているか,確認してください。その後,openBDからデータ流用アイコンをクリック。ISBNをキーにしてデータを流用します。

 

f:id:root-libshelf:20181022150257p:plain

流用が完了すると,タイトルや書影が表示されます。ISBNで検索してopenBDに登録がない書誌は,タイトルに何も表示されません。また,チェックボックスにチェックも入りません。タイトルがないデータは一括登録対象外となります。OKであれば,アイコンをクリックして登録処理を実行します。

f:id:root-libshelf:20181022150502p:plain

確認画面が出たら,クリック

 

f:id:root-libshelf:20181022150529p:plain

無事,15冊が登録されて,CSVダウンロード用のアイコンも表示されました。

 

本来であればopenBDでヒットしなかった書誌については,Amazonから流用したいのですが,なかなかProductAPIの審査に通らずに,API連携ができません。AmazonAPIが利用できるようになったら,この部分は追加実装予定。

 

できるだけ,登録してくださるユーザーの手間を減らせるようにしたい。図書館だと展示を作る際に,本を集めてきてそれを棚に並べると思うのだが,どこかのうタイミングでISBNをスキャンする作業を挟んでもらえれば,一気に登録可能である。

 

システム的な負荷を考慮してCSVファイルの容量を10Kに制限しているが,このあたりは,本番サーバの能力に依存するので,必要に応じて変更していきたい。