ナラベルサービスβ版 開発ブログ

ナラベルサービスに関する情報発信

カーリル連携機能

ナラベルは,利用者に図書館と図書館員を想定している。それ以外の方々にも使っていただけるが,図書館と図書館員が業務で利用することを想定した機能を実装しているのが,一つのポイントです。登録した資料を自館のOPACで検索するリンクを自動生成する機能もその一つですが,これを可能としてるのが,カーリル連携です。

カーリルと連携するためには,ユーザー登録の際にカーリルの図書館IDを選択します。

 

f:id:root-libshelf:20181119101105p:plain

検索ボタンをクリックすると,カーリル図書館IDを検索できます。

f:id:root-libshelf:20181119101536p:plain

 

都道府県と図書館名を選択すると,自動的にカーリル図書館IDとURLが表示されますので,選択ボタンをクリックすると,自動的に,ユーザー登録画面にデータが反映されます。URLについては,ユーザー登録画面で手動での設定も可能です。

 

カーリル図書館IDを設定していれば,資料をナラベルに登録する(openBDやAmazoのデータ流用しての登録)時に,自動的にOPACへのリンクが設定されます。ただし,ISBNで検索できなかった場合には,設定されませんので,必要に応じて手動での設定が必要となります。

 

この機能により,個別資料毎にOPACへのリンクを登録する必要がないので,最低限,ISBNさえあれば,簡単にデータ登録が可能となります。

 

カーリルによって提供されているAPIはいろいろな場面で活用できます。

 

 

図書館情報学を学ぶ人のために

図書館情報学を学ぶ人のために